【がまかつ最強のグレ竿】 がま磯インテッサGⅤ その性能と外観を徹底レビュー

こんにちは

ばくぺこです

 

磯釣りをしている皆さんであれば

がま磯の「インテッサ」という名前の竿を聞いた事があるかと思います

言わずと知れた、がまかつのグレ竿のフラッグシップモデルの名称です

2023年現在の現行モデルは5代目で「インテッサGⅤ(ジーファイブ)」

となっていて、私も使っています

 

使ってみたいと思っている方は多いと思いますが

なんせ価格が高いので

どんな竿なのか分からんのに買えないよねぇ・・・

と思っている方も多いんじゃないかと思います

 

今回はこのインテッサの5代目である

「インテッサGⅤ(ジーファイブ)」の

性能やアテンダーなどの胴調子の竿とどう違うのか?

という点をこの記事で解説していきたいと思います

 

インテッサGⅤがどんな竿か?と聞かれたら

強い反発力をどんな角度でも発揮できるパワフルで万能な竿

と答えますね

 

普通は竿の調子によって一番パワーが発揮できる竿の角度は

ある程度決まっているんですが

インテッサGVに採用されている

「全角度対応調子」は竿がどんな角度になっても対応出来るように設計されているので

インテッサGVはある程度どんな人の釣りスタイルにも対応出来る

スーパーオールラウンドロッドと言っても良いのかもしれません

created by Rinker
¥183,645 (2024/03/01 07:59:03時点 楽天市場調べ-詳細)

 

強い反発力でパワフルでスピーディーなやり取りが可能なのがインテッサGV

歴代のインテッサに共通する特徴ですが

強い反発力でパワフル&スピーディーに魚を浮かす

という事です

 

その時の竿の調子の流行などで多少は味付けが変わりますが

基本的な性能はそうであると思っています

そのため魚の引きで竿が曲がってから戻ってくるスピードは速く

素早く浮かせる事が可能な竿です

 

それ故、扱いが難しく上級者向けのロッドだと思っている方もいると思いますが

インテッサGVは竿がどんな角度になっても性能が発揮出来る機能が搭載されていて

それがこのロッドの万能性を高めているのです

 

対応範囲が広く万能な理由:強い反発力をどんな角度でも生かせる「全角度対応調子」設計

圧倒的なパワーを持った反発力の強い竿

聞こえは良いですが、特定の角度でしか反発力が発揮されなければ

とても扱いが難しく、上級者限定の竿となってしまうでしょう

 

しかし5代目のインテッサGVは強い反発力に加え

どんな角度でも竿の反発力を生かせる

「全角度対応調子」設計で、竿がどんな角度になっても性能が発揮出来るため

対応範囲が広く万能な竿となっています

 

そのため使い方が難しい竿ではなく

その人の釣り方に竿が合わせてくれるって感じですね

とは言え

アテンダーやマスターモデルのような柔軟な胴調子のように

ゆっくり優しく魚を浮かす仕様では無く

オラオラー!

って感じで結構強引に浮かす仕様で

胴調子の竿に比べたら仕掛けに負荷は掛かるので

ある程度仕掛けは頑丈な方が良いですね

ばくぺこ
ばくぺこ

繊細な仕掛けでテクニカルに魚を獲るのでは無く

頑丈な仕掛けでパワフルかつスピーディーに魚を獲る竿

 

アテンダーやマスターモデルなどの胴調子の竿との違いは?

違いを表にまとめてみました

使用感竿が戻ってくる
速度
魚の暴れやすさ主に引きを
受け止める節
インテッサGV硬い速い暴れやすい#3~#4
アテンダー
マスターモデル
柔い遅い暴れにくい#4~#5

アテンダーなどの胴調子の竿と使い比べると

竿が曲がってから、戻ってくる速さが速いなーと感じます

ある程度強引に魚を浮かせるので、魚は暴れやすく

やり取り中の竿を叩く感覚はインテッサGVの方が間違いなく強いです

アテンダー、マスターモデルはインテッサGVと比較するとマジで竿を叩く感覚が少なく

浮かせる速さはゆっくりなので暴れさせずに浮かせる竿です

なので

  • 太い仕掛けでやるなら・・・インテッサGV
  • 細い仕掛けでやるなら・・・アテンダー、マスターモデル

というように使い分けると良いでしょう

ばくぺこ
ばくぺこ

インテッサGVの強い反発力を生かしたかったら

ある程度太い仕掛けを使って強引なやり取りが良さげ

 

また、インテッサGVはパワーがあり、竿の張りも強いため

通常なら1.5号を使うフィールドでもワンランク落とした1.25号を使う方が

バランス的に良いと感じます

 

ラインナップと価格を見てみる

号数標準全長(m)希望本体価格(円)標準自重(g)
0.65.3171,000203
15173,500203
15.3176,500223
1.255177,500210
1.255.3180,500233
1.55182,500218
1.55.3185,500238
1.755190,000248
1.755.3192,000260
25198,000258
25.3202,000268
2.55208,500280
2.55.3211,500290
35221,500298

さすがフラッグシップモデル

強気の値段設定で簡単に買える値段ではありません

もはや鮎竿の値段です・・・

ラインナップは0.6号~3号までと幅広く、色々な魚種に対応出来るようになっています

 

カタログ上の重量だけ見ると、結構重たい竿の部類で

ブランクスを肉厚にする事でパワーと粘りを両立させる事を重視しているように見えます

ただ、重心は手元よりにあるので実際に竿を伸ばして持つと

あまり重さを感じないように設計されているのがモーメントを重視する「がまかつ」らしい所

 

カタログでは竿のコンセプトについては説明がありますが、号数ごとの説明が無いんですよね

説明書きがあった方が号数選びの際の参考になるので良いと思うんですけど

インテッサGVだけは無いのが不思議な所

 

搭載している装備を見てみる

2023年時点ではさほど珍しい装備では無いですね

さすがに発売されたのが2015年だからしょうがない

スーパートップⅡ

巻き込んでも折れにくい強度の高い穂先、繊細さと感度の良さも兼ね備える

名称は違いますが、どのメーカーも最近はこんな感じの強度に優れる穂先ですね

ウキを巻きこんで穂先折ると交換費用がバカにならないので、ありがたい仕様です

特にインテッサGVは穂先の値段が17,000円~20,000円ぐらいなので、注意して扱いましょう

 

スーパーアクティブサスデザイン

竿と竿の継目部分の技術です

継目の段差を従来より50%以上削減しているとの事

この技術により

今まで以上にスムーズに曲がるようになって糸が切れにくくなり、魚を浮かせるのも早くなったよ!

って事です

2023年現在搭載されている竿は増えてきたんですが

私が思っているより搭載されている竿は少ないかな・・・と思っています

アテンダーⅡに搭載されてからスーパーアクティブサスデザインが

スタンダードな仕様になるかと思っていたら意外とそうはならなかったんですよね

 

パワークロスシステム

今までは縦方向と横方向のカーボン繊維で構成していた物に斜め45度のカーボン繊維のものを入れてネジレに強くする技術

竿の反発力やパワーが向上するとの事

最近は採用している竿が増えていますね

名称と仕様は若干違うと思いますが、斜め45度方向にカーボン繊維を入れるやり方は

現在は色んなメーカーさんで採用されている設計だと思う

 

タフライトℤ

樹脂へのカーボン含有量を増やして強度と軽量化を実現したカーボン強化素材

インテッサGVはリールシート部分に使われています

この素材はコストが高いせいなのかどうかは知りませんが

2023年現在インテッサGVのみにしか搭載されていません

ノーマルの「タフライト」は色んな竿に採用されているんですがね

 

ナノアロイ

「ナノアロイ技術を適用したカーボン素材使ってます!」って事です

この技術を採用して作られたカーボン素材は強度が高いらしいです

最近の竿はこの技術を採用したカーボンを使っている物が多くなってきました

この技術を開発した「東レ」さんのホームページの説明を見ましたが

専門的な知識が無い人は見ても全く理解出来ないような内容で

凄さはよく分かりません

 

IMガイド

今はそこそこの価格帯のものは大体このガイドですね

斜めに傾斜しているため糸が絡んでも外しやすく、穴の面積も大きいので糸の通りが良い

インテッサGVはチタン製のフレームを採用しています

 

最近はフレームはチタンの物とカーボンの物とあります

重量はカーボンフレームが軽いですが

カーボンフレームの方がフレームの厚みがあり、面積が広いので

風の影響を受けやすいと聞いた事があります

その点チタンフレームはフレームが薄いので

風の影響を受けにくいとか・・・

穂先部分は特に影響が大きいみたいなので

開発の方が何を重視しているかで

どっちのフレームになるかが変わってくると思います

ばくぺこ
ばくぺこ

カーボンフレーム、チタンフレームどっちもメリット、デメリットがあるので

どちらが上という訳ではない

 

TZチタン

「チタンフレームトルザイトガイドを使ってるよ!」

って事です

穂先のTOPガイドだけがこのガイドです

sicガイドよりも薄くなっているため軽量で持ち重りの軽減に貢献しています

やはり穂先部分はより軽く繊細になってきていますね

 

リールシートはインテッサGVオリジナル仕様でキンキラキン

インテッサGV専用設計のリールシートで

0.6号~1.5号まではスライドシート

1.75号~3号はスクリューシート

ゴールドチタンコーティングです

キンキラキンで高級感が凄いです

スライドシートの機構は一般的で特筆する点は無いですが

スクリューシートはフード部分にもラバーをコーティングするという珍しい仕様

デザインもカッコイイです

近年発売される竿はほとんどスクリューシートになってきているので

スライドシートのインテッサGVの0.6号~1.5号は希少な仕様となっています

元竿の各部分のデザインもゴージャス

一番装飾が華やかな元竿の部分を見てみましょう

リールシート上部はマジョーラカラーで光の当たる角度によって色が変わって見えます

 

グリップ部分は模様もインテッサGV専用のものです

グリップのラバー部分と元竿の継ぎ部分もラインが何本もひいてあって

手間かけてんなーと思いますね

 

玉口部分は補強リングにラインを入れたり

カーボン部分が見えるような仕様だったりと

細かい所まで作り込んであります

 

インテッサGVは使って良し、眺めて良しの超優秀ロッド

以上解説してきましたが

インテッサGVの実用性としての大きな特徴はやはり

強い反発力をどんな角度でも発揮できるパワフルで万能な竿

しかし、パワーがあって魚を浮かすスピードは速くても

調子自体は特に癖の無い使いやすい調子で色んな人が使える竿でしょう 

 

値段は確かにかなり高いですが

性能的にもデザイン的にも優秀で

使って良し、眺めていても良しのロッド

思い切って買っても後悔はしないんじゃないかなぁ・・・と思います

 

また、インテッサシリーズは中古価格が高い事でも有名

大事に使って綺麗な状態なら下取り価格も高く

次に買う竿の頭金に十分なるので

その点でも価値が高い竿と言えるでしょう

created by Rinker
¥183,645 (2024/03/01 07:59:03時点 楽天市場調べ-詳細)

 

 

では以上で今回の話題は終了!

また次回お会いしましょう

またね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA