鮎のイカリ鈎自作 必須アイテムと作り方

こんにちは

ばくぺこです

 

昨年せっせと作っていたイカリ鈎が無くなって来たので

新たにイカリ鈎を作らないといけません

 

今回は鮎釣りで主流の掛け鈎である

イカリ鈎を作成する時の

必須アイテム

作り方

について紹介していきたいと思います

 

イカリ鈎作成必須アイテム

とりあえずこれらが無いとイカリ鈎は作れないです

  • バラ鈎
  • ハリス
  • 根巻糸
  • ボビンホルダー
  • 瞬間接着剤

では1つずつ見て行きましょう

バラ鈎

イカリ鈎の元です

これを

3つまとめれば3本イカリ

4つまとめれば4本イカリ

となります

 

ハリス

ハリスはバラ鈎と一緒に巻いてイカリ鈎にします

ハリスはまっすぐに加工されている専用の物を使うのが一般的だと思いますが

磯釣りなどで使うスプールに巻いてあるものを使用する方もいます

スプールから取ると巻き癖が付いているので

専用ハリスのようにまっすぐでは無いですが

私が使っている限り、鮎の掛かりに全く影響は無いと思います

ばくぺこ
ばくぺこ

スプールから取った方がコスト的には安い!

専用ハリスは色んな材質の物がありますが

最初はナイロンかフロロカーボンが無難でしょう

使うハリスの号数は1号か1.25号ぐらいでほとんどの状況をカバー出来ると思います

 

根巻糸

この根巻糸を使ってバラ鈎とハリスを一緒に巻いていきます

吸い付く様に巻けるテープ状の物もあれば

伸びのあるナイロン糸の物もあります

最近のコーティングされて滑りの良い鈎にはナイロン糸の方が良いようです

 

ボビンホルダー

根巻糸をセットして使います

こんな風にセットします

こいつが無いとほぼ根巻を巻いていく事は不可能な必須アイテム

ばくぺこ
ばくぺこ

ボビンホルダー無しで巻いてみようとして挫折したのは私です・・・

 

瞬間接着剤

巻いた根巻糸の部分に瞬間接着剤を塗布して根巻糸がバラけないようにします

基本的に根巻糸で巻いた部分には瞬間接着剤を塗布するのが基本です

ばくぺこ
ばくぺこ

鮎釣り仕掛けで根巻糸を巻くトコはイカリ鈎とサカサ鈎の部分の2か所かな

 

イカリ鈎 作り方

今回は鈎巻き器などのサポートアイテム無しでの作り方を紹介します

  1. ハリスがすっぽ抜けるのを防ぐため、ハリスの端(イカリ鈎側になる方)をライターで焼きコブを作る
  2. 鈎を2本を図の様に持ちハリスを軸に沿わす
  3. ボビンホルダーにセットした根巻糸の端をつまんで固定し、鈎の軸に巻いていく
  4. 鈎の軸を揃えてから鈎先方向に根巻糸を巻いていって、各鈎にハーフヒッチで結んでいく
  5. 鈎の角度を揃える
  6. 根巻糸を巻いた部分に瞬間接着剤を塗布する

以上で完成!

4本イカリは角度決めが簡単ですが

3本イカリは角度をちゃんとしようとすると結構面倒です

しかし私は適当で良いと思っています

どうせ実際に使うとすぐに鈎がぐらついて角度なんて変わってしまうので・・・

ばくぺこ
ばくぺこ

角度がちゃんとしてないと掛からない訳でもないしね

 

たくさん作ろうと思うならサポートアイテムの利用が便利

使うイカリ鈎のほとんどを自作しようと思っている方は

鈎巻きをサポートするアイテムの利用をオススメします

鈎巻きに慣れていない方でも比較的速く、正確に鈎巻きをする事が出来ます

 

別の記事で紹介していますので興味のある方は読んでみて下さい

【鮎のイカリ鈎自作の強い味方】 最高すぎるオススメ鈎巻き器 イカリマイター

 

 

では以上で今回の話題は終了!

また次回お会いしましょう

またね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA