2023年シーズン鮎釣り 使って良かったアイテム

こんにちは

ばくぺこです

 

さて今回は2023年シーズンの鮎釣りで使ったアイテムで良かった物を紹介していきます

今シーズンは何買ったっけ・・・と振り返ると割と買ってないようで買っていましたね

その中で使って良かったアイテムベスト5を紹介していきたいと思います

ではいってみましょう

 

買って良かった物 1位 がま鮎 ダンシングマスターMH85

今シーズンの買って良かった物、第1位はダンシングマスターのMH85ですね

使ってみて感じた事

  • とにかく軽くて細身なので強風下の悪条件でも疲れにくい
  • 軽いので操作性が良く細かい操作がしやすい
  • 予想以上にパワーがある
  • 柔らかめの竿かと思ったら意外と硬かった
  • 何か分からんけど良く釣れる

という感じですね

軽くて集中力が持続出来るので、数釣りに向いているロッドだと思いました

それに加えて予想以上のパワー

正直、もう一つ下のパワーランクのMタイプで良かったかな・・・と何度思ったか

初期は絶対Mタイプの方が数を釣る事が出来るでしょう

でも、初期から後期までの長い期間使うならMHタイプが良いと思うので、どれか1本買うならMHタイプをオススメします

 

8.5mをメインで使った事により9mの良さも実感出来た 

やはり8.5mという長さは様々な状況下で有利だと思いました

その反面、9mが使える状況なら9mが良いなと思う事も良くありましたね

8.5mの竿って掛けるまでは良いんですが、掛けたあとはやっぱり9mの竿の方が安心感がありますね

50cm長い分、鮎の引きを受け止める部分が増える訳ですから

なので、終盤の大鮎狙いは重たくても9mが良いなというのが今シーズン使ってみた感想です

もちろん強風下の悪条件では8.5mを迷いなく使います

ばくぺこ
ばくぺこ

強風下では9mの竿は思い通りに糸を張るのが難し過ぎる

状況に合わせて竿の長さを選択出来れば、より釣果は良くなるでしょう

 

買って良かった物 2位 ダイワ ハイパーMステージEX

第2位はハイパーMステージEX

私的にはメッチャ良い水中糸でした

高比重のオールメタルラインは瀬の釣りが最強

他の記事でハイパーMステージEXについて書いていますので興味のある方はどうぞ

鮎の友釣り水中糸 ダイワ ハイパーMステージEX レビュー

瀬の釣りでオトリを沈めるのが楽過ぎます

オモリを打たなくても結構な瀬に割と楽に沈める事の出来るスーパーなラインです

とってもしなやかなでフワフワしたラインの癖に、超重たいという訳の分からん性能で衝撃を受けましたね

もっと早く使えは良かった・・・と後悔しました

瀬での引き釣りをメインにする方にはオススメの一品です

 

意外と泳がせ釣りも出来る汎用性の高さも魅力

意外と泳がせ釣りも出来るのが良い所ですね

ただ、水切り性能が良いせいかオトリが泳ぎすぎるので、その辺を上手くコントロールしないとダメですね

状況によっては水切り性能で劣る複合メタルの方が良い場合もあります

 

買って良かった物 3位 クイックフックチェンジャープラス

鈎交換とオモリ交換が素早く行えるアイテムです

トーナメントなど限られた時間内で1匹でも多く釣りたい人のオススメのアイテムです

”釣れない時間”を少なく出来るアイテム

当たり前ですが、仕掛け交換をしている時間って絶対鮎が掛かりません

だって、掛け鈎が付いたオトリを川に泳がせてないですから

このクイックフックチェンジャープラスはこの釣れない時間を少なく出来ます

 

ベストにフックケースを入れている場合とクイックフックチェンジャープラスを使った場合を比較してみましょう

ベストの中にフックケースを入れている人の場合

1.ベストのファスナーを開ける

2.フックケースを取り出す

3.フックケースを開ける

4.目的の掛け鈎を取り出す

5.フックケースを閉める

6.フックケースをベストに入れる

7.ベストのファスナーを閉める

掛け鈎を取り出すために7つの工程が必要になります

対してクイックフックチェンジャープラスは

クイックフックチェンジャープラスを使っている場合

1.クイックフックチェンジャープラス開ける

2.目的の掛け鈎を取り出す

3.クイックフックチェンジャープラスを閉じる

鈎を取り出すのに3工程で済みます

ベストにフックケースを入れている場合と比べて、どちらが時間が掛からないかは明らかですね

時間的には数秒かもしれませんが確実に”釣れない時間”は少なくする事が可能です

今より、もっと数を釣りたいという方には使ってみて欲しいアイテムですね

 

買って良かった物 第4位 がま鮎 ダンシングマスター H85

第4位は第1位のパワーランク違いのダンシングマスターH85です

この竿も良い事は良いんですがMHタイプのバランス感には負けるかな・・・

使ってみて感じた事

  • MHタイプと同じく軽くて細身なので強風下の悪条件でも疲れにくい
  • MHタイプと同じく軽いので操作性が良く細かい操作がしやすい
  • パワーはあるがMHほど予想以上ではなかった
  • 竿は結構硬めだなという印象
  • 全体のバランスはHタイプよりMHタイプの方が良いと思った

使ってみると軽いし細くて風に強いしパワーもある良い竿なんですが

MHタイプのバランスが良すぎるせいか

使っていてモヤモヤする部分がありましたね

特に引き釣りで上流へオトリを引いていく時の感触はMHタイプの方が良いと感じました

MHタイプの方が柔らかい分、上手い具合にオトリ鮎にテンションを掛けてくれるといった印象ですね

Hタイプはちょっと張りがあるなーと感じます

 

という訳でダンシングマスターH85はMHタイプに敵わず4位でした

 

買って良かった物 第5位 ダイワ鮎ベルトDA-3020SP

第5位はカチカチシステム搭載のダイワ鮎ベルトDA-3020SP

ウエスト細めの人は付属アイテムが付けれるスペースの確保が出来ませんが

ダイヤルによるウエスト幅の細かな調整のしやすさと

スイングベルトの快適性は私的には各メーカーの鮎ベルトの中では最高です

スイングベルトがあれば左岸と右岸を気にすることなく引き船に付けっぱなしでOKというのがかなり楽

ばくぺこ
ばくぺこ

面倒くさがりの私にはピッタリの機能

腰パッドが肉厚でクッション性が良いのも高ポイントですね

他のメーカーの物はクッション性が皆無の物が多いですから・・・

 

今シーズンの買い物では竿の軽さと柔らかさの重要性を改めて感じた

今シーズンは竿を2本も買ってしまいましたが、両方とも8.5mの軽い竿です

今シーズン改めて思ったのは

鮎を数釣ろうと思ったら竿が軽くて柔らかいものが断然有利

という事ですね

 

24cm以上ぐらいの鮎を釣ろうと思ったら多少重くてもパワーがある竿が良いんですが

20cm前後の鮎をより沢山釣ろうと思うなら軽くて、ある程度柔らかい竿に勝るものはないなと思いました

オトリの泳ぎは良いし、軽いので疲れないから集中力が持続するので繊細な操作が長い時間可能

そりゃ数釣れる訳だわ・・・と実感しましたね

軽くて柔らかい竿は大体結構良い値段がするので、初心者が買うのは少々キツイかもしれませんが

その方が数が釣れるので上達は絶対速くなると思います

ばくぺこ
ばくぺこ

初心者の皆さん、軽くて柔らかい竿を買いましょう!

 

 

では以上で今回の話題は終了!

また次回お会いしましょう

またね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA