がまかつ がま鮎 ダンシングマスターMH85 レビュー(実釣編)

こんにちは

ばくぺこです

 

さて、今シーズンに入ってずっと使ってきている

がま鮎ダンシングマスターMH85

created by Rinker
¥233,750 (2024/02/29 22:37:36時点 楽天市場調べ-詳細)

それについてレビューしていきたいと思います

では、いってみましょう

 

鮎竿は軽さが正義

ここで言う「軽さ」というのは竿そのものの重量では無く

使っている時に感じる軽さです

ダンシングマスターMH85はこの軽さが優れています

 

竿の径が細いので風が強い時に、とにかく楽ちんです

9mの一般的な竿径のものでは釣りにならない状況でも

割と普通に竿操作が出来てしまう事も良くあります

ばくぺこ
ばくぺこ

風が強い状況下でも扱いやすい竿だよ~

もちろん竿自体の重量も軽いので

片手での竿操作も楽ちんです

繊細な操作がしやすく、疲労も少ないので

長時間快適に釣りが楽しめるのも、この竿の特徴ですね

 

意外とパワフル、前作のダンシングスペシャルのHより強くね?

使ってみて思ったんですが

私が今まで使っていた、前作のダンシングスペシャルH85より

野鮎を掛けてから引き抜くまでにかかる時間が短いような感じなんですよ

ダンシングスペシャルH85の方が張りがあって硬い感じがするので

鮎を掛けてから抜くまでの時間が早そうなんですが、意外とそうじゃなかったです

ばくぺこ
ばくぺこ

竿は柔らかく感じるのに引き抜くまでの時間が早い!

カタログ上ではダンシングマスターMHの説明文で

前作のMHより圧倒的に軽量化したにもかかわらず、引き抜き性能は上がっているという相反するスペックを実現しました

がまかつカタログより引用

と記載があるのは間違いないですね

新たに採用したカーボン素材の影響なのかどうか分かりませんが

軽くて扱いやすく、パワーがあるのは有り難い限りです

 

持った感じだと華奢で、あまり頼りがいは無さそうですが

使ってみると意外と細マッチョって感じでしたね

 

付属のソリッド穂先が、いい仕事をする

私は元々ソリッド穂先を使うのが好みですが

まずは私が思うソリッド穂先のメリット、デメリットを見てみましょう

メリット
  • 多少雑な操作をしてもオトリが弱りにくい
  • 初期に多い小型の鮎をオトリとして使いやすい
  • 瀬の釣りにおいて流れの中にオトリをなじませるのが比較的簡単
デメリット
  • 引抜が多少しにくい
  • 良く曲がるのでオモリを使った釣りは慣れが必要
  • 感度が若干劣る

こんなトコですかね・・・

 

私はほとんどソリッド穂先でやってます

デメリットの部分は慣れでなんとかなるかな・・・

といった感じで、メリットの部分を優先しています

ダンシングマスターのMHは結構柔軟なので竿自体もオトリに優しい感じなんですが

ダンシングマスターMH85にソリッド穂先の柔軟さと繊細さを合わせるとオトリに超優しい竿が完成します

ばくぺこ
ばくぺこ

自分みたいな雑な操作をする奴はソリッド穂先が◎

チューブラ穂先やテクノチタン穂先は竿の操作がダイレクトに糸に伝わるので

繊細な操作が出来る上級者の方はこちらでも問題ないんですが

雑な操作が多い一般レベルの方にはソリッド穂先のメリットが大きいんじゃないかと思います

オトリが弱りにくいという事は

オトリが良い泳ぎをしている時間が長い

という事なので

必然的に野鮎を掛けれる確率は上がるはずです

 

滑り止め塗装の無い元竿のグリップ部分は想像以上に滑らなかった

使っていて全然問題ありませんでした

濡れた手で握っても滑る気配ナシ

 

通常の竿のグリップ部分は滑り止めの塗装が施されているんですが

ダンシングマスターは、滑り止め塗装がされていません

ツルツルピカピカのグリップ部分です

好みの問題になりますが

通常塗装部分と滑り止め塗装部分の境目がないので

こっちの方がスッキリした見た目です

ばくぺこ
ばくぺこ

私は見た目的にもこっちの方が好み!

 

 

ダンシングマスターMHが適している場所は、トロ、チャラ瀬、早瀬

緩い流れ~そこそこの早瀬まで

泳がせ釣りも引き釣りも全く問題なくこなせます

普通に流れの中から20cmちょっとの鮎はかなり余裕で引き抜けます

ただし軽量化を重視しているため、どちらかというと肉薄な竿ですので

しっかり竿をタメて、魚をある程度寄せてから引き抜きましょう

下竿状態で強引にぶち抜くといった事は・・・止めといた方が無難です

ばくぺこ
ばくぺこ

胴調子だから下竿で掛けても竿をタメていれば寄せて来れるよ!

 

胴調子なので先調子の操作感が好みの人は向かないかも

ダンシングマスターは胴調子の竿です

そのため、先調子のレスポンスの良い操作感が好みの方は

ちょっと合わないかもしれません

特に自分の竿操作をダイレクトにオトリに伝えて

オトリ操作するという事を重視している方には物足りないかもしれません

そーいう方は「がまかつ」の鮎竿で言うと

  • 競技スペシャル
  • ファインマスター
  • レスポシア

のシリーズが良いでしょう

 

ダンシングマスターは「楽に鮎釣りをしたい!」と言う方にオススメの竿

ダンシングマスターという竿は

楽に鮎釣りをするための竿

これに尽きますね

 

軽く、風が吹いても影響が少ないので

全ての動作が楽に行う事が出来、胴調子気味なので

野鮎を掛けた後のやり取りも竿が上手くいなしてくれる感覚で

やり取りも楽ちんです

 

初心者~上級者、女性、お年寄り

鮎釣りをする幅広い人が使いやすい竿だと思います

今より楽に鮎釣りを楽しみたいと考えておられる方は

候補の一つに加えてみてはいかがでしょうか?

created by Rinker
¥233,750 (2024/02/29 22:37:36時点 楽天市場調べ-詳細)

 

 

では以上で今回の話題は終了!

また次回お会いしましょう

またね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA