2023年鮎釣り3日目(6/13) 鳥取県日野川

こんにちは

ばくぺこです

 

少々遅くなりましたが6/13(火)に

毎度おなじみの鳥取県日野川に鮎釣りに行ってきましたので

その様子について書いていきたいと思います

ではいってみましょう

 

入った場所は伯耆橋下流

本日も昼から開始

12:30ぐらいから始めました

 

2日前の釣行での情報を元に

今回は伯耆橋下流のポイントから探ることにしました

ばくぺこ
ばくぺこ

2日前もこのエリアが良かったので再度挑戦

入ろうとしていた右岸の瀬は、他の人が入っていたため

中央の瀬を探ることにしました

 

この時点での計画は

  • 中央の瀬を釣り下って良いオトリを何匹か確保する
  • 右岸をやっている人が釣り下って行けば、その後に入ってやってみる

という計画でした

 

中央の流れで意外と良い型が掛かる

この日は平日で人が少ないせいか

意外と良型が中央の流れで掛かります

ただし、釣れる流れの筋は決まっていて

その流れの筋を外れると

  • 型が小さい
  • 掛からない

といった状況でした

ばくぺこ
ばくぺこ

簡単に釣れてくれる状況じゃなかったよ!

 

右岸の人が釣り下ったので移動するも雷雨で撤収

右岸でやってた人が釣り下るのが結構早かったので

ばくぺこ
ばくぺこ

これはチャンス!その流れを釣りに移動だ!

と意気揚々と移動して

幸先よく良型の鮎を1匹ゲットした所までは良かったんですが・・・

 

デカイ粒の雨が激しくなって来て

雨雲レーダーをスマホで確認すると

結構降りそうな予報だったので撤収を決断

上流部での雨での増水の可能性も考えると無理は出来ません

その内、雷も鳴り出したので急いで帰宅の準備をしました、無念

 

この日の釣果 13匹

残念ながら12:30~14:30までしか竿を出せなかったので

2時間での釣果です

ばくぺこ
ばくぺこ

この日は釣りしてる時間より車運転してる時間の方が長かった・・・

良型が比較的釣れるようになって来ているような印象でしたが

おそらくポイントは限られているような状況

もう少し広い範囲で良型が掛かる状況になってくれると良いですね

 

使用タックル

前回と一緒・・・というより

前回使った物をそのまんま使いました

鼻かん周りなんかは通常1回使うと取り替えるんですが

前回は竿を出している時間が短かったので交換せずにやりました

  • 竿  がまかつ がま鮎ダンシングマスター MH85
  • 天糸 サンライン フロロマーカー天糸 0.6号
  • 水中糸 ホクエツ RUNSPECIAL 0.05号
  • 下ツケ糸 サンライン トルネード黒渓流 0.4号 25cm
  • 鼻かんハリス サンライン ハナカンハリスフロロ 0.6号 25cm
  • 鼻かん シマノ 色付きハナカン 6.5号
  • サカサ がまかつ 競技皮打サカサ 管式ハリス止 1号
  • 掛け鈎 がまかつ MシステムEX4本錨用 5.5号4本イカリ

しかし、MシステムEXの鈎はホント鈎先が鈍りにくいです

少々根掛かりしても鈎先が鋭い状態がキープ出来ます

鈎交換を頻繁に行わなくても良いので楽で良いですね

私はバラ鈎を買って自身でハリスに巻いていますが

面倒な人は出来合い物を利用しましょう

特に小鈎は自分で巻くのが大変ですからね・・・

釣行3日目を振り返って

  • 伯耆橋下流は状況は少しずつ良くなって来ている
  • 浅場は型が小さいのが相変わらず多いが、腰ぐらいの水深の瀬では良型が増えてきている
  • 釣り方は引き釣りで掛かるが、出来るだけゆっくり引いた方が良かった

竿を出していた時間が短かったのでこの程度の状況把握となりました

 

あと2時間ぐらい竿を出したかったですねー

そうすれば、もっと色んなポイントや釣り方を試す事が出来たんですが

天気の急変は仕方が無いので、また次回頑張ります!

 

 

では以上で今回の話題は終了!

また次回お会いしましょう

またね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA