【2023年新作 がま磯アテンダー3】 高い操作性を纏った究極の胴調子竿の使用感&外観を徹底レビュー

こんにちは

ばくぺこです

 

2023年秋発売の注目の磯竿と言えば

がま磯のアテンダー3

 

今回のアテンダー3で色んな所が進化を遂げていますが

  • 竿の細部はどうなってるのか?
  • 前作と比べて何が進化したのか?
  • 使用感はどんな感じなのか?

色々と気になってる方も多いと思います

しかし実際に持って使ってみなければ操作感や魚の引きの感じ方は分かりません

そこで、今回の記事ではアテンダー3の実際に磯で使って感じた使用感と外観をレビューしていきます

 

まず先に磯で使ってみた感じを言うと

アテンダー3は先調子の高い操作性を備えながら、強烈な魚を引きをいなす究極の胴調子竿

  • 魚を掛けるまでの操作性
  • 魚を掛けた後のやり取り性能

両方の機能を高いレベルで求める方に最適な竿といっていいでしょう

 

この記事ではアテンダー3の使用感と外観を詳しく解説していますので

アテンダー3が気になっている方は是非最後まで読んでみて下さい

created by Rinker
¥139,700 (2024/02/29 11:31:25時点 楽天市場調べ-詳細)

 

以前にマスターモデル2尾長Mとの比較の記事を書いていますので、比較記事が気になる方はそちらもどうぞ

がま磯「マスターモデル2」と「アテンダー3」どちらがオススメ? 使用感と外観を徹底比較

 

アテンダー3は掛けるまでは先調子、掛けたら胴調子を高いレベルで実現した調子

操作性は先調子と言っていいレベル

もはや先調子と言っていいんじゃないかという程、操作性は快適です

穂先を短く設計した「先短設計」がその操作性の向上に大きく貢献していると思いますが

#2の張りが前作のアテンダー2よりも強く感じるので

その点が前作のアテンダー2やマスターモデル2よりも楽に繊細なコントロールとライン管理ができる要因だと分析しています

  • ラインを操作する時
  • 仕掛けを投げる時

その操作性の高さを実感出来ます

特に前作のアテンダー2やマスターモデル2を使っている人はその違いが良く分かるでしょう

ばくぺこ
ばくぺこ

現在マスターモデル2を使っているけど操作感が違い過ぎる

 

魚を掛けると「あぁ胴調子だわ・・・」と実感できる

操作性だけ見ると先調子なので

「ホンマに曲がるんかいな・・・」と心配になりますが、ちゃんと曲がってくれます

それもマスターモデル2に近い感じでキレイにスムーズに曲がるんですよね・・・

操作性とのギャップが凄いです

 

竿が曲がってからの戻り方はホントにスゲーなと思います

マスターモデル2を初めて使った時も感じましたが、魚がホントに暴れない

竿が戻ってくる時に魚に与える負荷を上手ーくコントロールして

暴れさせずにジワリジワリと浮かせてくる調子

 

ばくぺこ
ばくぺこ

魚が暴れないので、浮かせて見たら意外と魚がデカかった!

というのはアテンダーシリーズやマスターモデルシリーズを使っている人なら分かるはず

 

魚を浮かせるまでのスピードは・・・どうなんだろ?

今のところ良く分かりませんが、マスターモデル2シリーズよりは浮かせるスピードは速いと思います

なので、魚を掛けた後はマスターモデル2の強烈な極胴調子をすこしシャープにしたような調子と言えばいいかも

 

竿の各部分を見てみる

アテンダーは初代からイメージカラーは「ブルー」って事で今回の3代目も同様です

しかし3代目は今までよりも明るい「ライトブルー」がイメージカラー

加えて各部分のパーツなどを「シルバー」で統一しています

 

今までの「がま磯」のロッドのパーツは「ゴールド」の物が多かったんですが

今回のアテンダー3はそれを「シルバー」にしたとの事

デザイン自体は派手めかもしれませんが、多少渋めの雰囲気となっています

 

元竿~穂先

元竿 竿名称部分 ライトブルーがキレイ
元竿 号数表示部分もシルバー
元竿 赤色塗装部分近くの「ATTENDER-Ⅲ」はデコボコしてて立体的な仕様 これもシルバー
元竿「ATTENDER₋Ⅲ」の裏側は魚が描かれています これもシルバー
玉口部分には「ATTENDER THIRD GENERATION」と書かれています
赤色部分は透明感のあるメタリックレッド仕様
#4部分 黒でキッチリ塗装されていてカーボン素材が見えない
#3部分 カーボン素材が見える
#2部分 カーボン素材が見える
穂先 特に今までと変更なし べたつき軽減のための「艶消し塗装」も一緒

 

#2と#3はカーボン素材が見えるようなクリアー塗装なんですが

なぜか#4だけはカーボン素材が見えないように黒でキッチリ塗装されています

この仕様の違いはなんなんでしょうか?

マスターモデル2シリーズは#4もカーボン素材が見えるクリアー塗装なんですけどね・・・

 

各節のべたつき軽減の凹凸部分はブルーになってます

 

リールシート周り

フード部分はただの黒色と思いきや

よーく見ると「青ラメ入りの黒」って感じになっています

アテンダー3のデザインを担当された人は説明動画ではブルーって言ってますね

カメラで撮ると全く分からんですが、外で日の当たる所で見ると分かりやすいです

 

若干細めのリールシートだと思います

形状はグレ競技スペシャル4と同じように見えますね

私は細めが好きなので好感触です

 

スクリュー部分はアテンダー3のイメージカラーのライトブルー色でメタリック調でキレイな色

ここの部分はアテンダー3オリジナルの設計

ここのスクリュー部分の使用感は特に印象ありません

フツーに問題なくクルクル回って締まる(当たり前)

 

私的にはリールシートの好みの太さは個人個人でかなり差があると思っているので

細めに作ってもらってアタッチメントのカバーを被せると太くなるような仕組みを

作ってくれたら色んな人の好みに合わせられるのになぁと思っています

技術的にというよりコスト的に難しそうな気がしますが・・・

 

エンドグリップ周り

横から見た形状
リールが付く反対側から見た形状
リールが付く方向から見た形状

 

今までのがま磯のロッドでは無かったエンドグリップの形状です

今回のアテンダー3の開発に合わせて新規に作っていますね

今後は竿のグレードにもよると思いますが、このような立体形状の物が増えそうな感じ

他のメーカーさんも立体形状のエンドグリップを見るようになって来ましたからね

 

今回のエンドグリップの形状で良いと思うのは

肘が当たる部分がフラットになっていて、やり取り中にズレにくい

今まではフラットではなく円形状だったため、肘が当たる所が極端に言えば点で当たるような感じで

片手で肘をエンドグリップに当ててやり取りするのがやりづらい面がありました

それが解消されているのは良い改良点です

 

普通に握る事に関しては、とても握りやすく不満はないですね

 

あとはラバー部分の耐久性が使い続けないと分からない

見て、触った感じでは経年劣化でベタベタしてくる事は無さそうな感じはしますが

こればっかりは使い続けてみないと分からないので、なんとも言えません

 

ニット製竿袋を見てみる

ネイビー系の生地に青いラメが入っていて、「ATTENDER-Ⅲ」の文字だけが入ったシンプルなデザインの竿袋です

アップで見ても写真では青ラメの感じが全く伝わりませんね・・・

正直、今回のアテンダー3の竿袋は触った感じでは、ちょっと安っぽい感じ

なので、がまかつのHPのパーツリストで値段を確認してみたんですが

5,000円!

なんと、今までの歴代のがま磯の竿袋の中で最高額となっていました

思っているより金を掛けているのか、作成費用が高騰しているだけかどうかは分かりませんが

触った感じでは高そうな質感じゃないんだけどなぁ・・・

ラメを入れているから、そのような質感になっているのかもしれません

 

あと、竿袋の幅が今までのものより幅広に変更されています

なので、竿を入れた時に多少ダブつく感じがあって、私的にはあまり好きじゃないです

マスターモデル2の竿袋と並べると、その違いが良く分かりますね

 

竿にリールを付けた状態でも竿袋を装着出来る仕様は今まで通りで

機能的には今までの竿袋と全く変わってないと言えます

 

外箱を見てみる

表側
号数表示
裏側

外箱は特に今までのがま磯の製品と比べて違うな~

と思うような所は無いですが

以下の1点だけ気になりました

 

どこにも価格が記載されてない!

 

今までは希望本体価格が箱に記載されていたはずなんだけどなぁ

なんでだろ?

嫁さんに見つかった時に価格がバレないようにするための配慮かも・・・

 

まとめ:アテンダー3は操作性もやり取り性能も求める欲張りな釣り人に最適な竿

操作感はもはや先調子だし、やり取り性能はマスターモデル2に勝るとも劣らない性能で

操作性とやり取り性能の両方を求める釣り人に最適な調子となっています

また、極端に手元まで曲がり込む感じではないので

マスターモデル2のような強烈な癖も少なく、色んな人が使いやすく満足できる竿だと言えるでしょう

 

初代アテンダー、2代目アテンダー2、共に高いやり取り性能が故に大ヒットになりましたが

3代目のアテンダー3はその性能を進化させると同時に、操作性の所でも高い進化を遂げているので

売れるだろうなぁ~と感じています

 

実際、現時点(2023年11月)では在庫が無くてすぐに買えない状態のような感じ

今回、がまかつさんは結構力を入れてアテンダー3のプロモーション活動をやっているように見えますが

肝心の商品在庫が無い状態ではちょっとね・・・

今後はその点の改善をして欲しいとこですね

created by Rinker
¥139,700 (2024/02/29 11:31:25時点 楽天市場調べ-詳細)

 

では以上で今回の話題は終了!

また次回お会いしましょう

またね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA