【2024年版】鮎釣りオトリカンのおすすめ比較ランキング!鮎釣り歴20年の経験者が詳しく解説

【2024年版】鮎釣りオトリカンのおすすめ比較ランキング!鮎釣り歴20年の経験者が詳しく解説

鮎を生きたまま運ぶためのアイテムである

オトリカン

本格的に鮎釣りをやるなら1つは持っておくべき必須アイテムです

オトリカンは種類が少ないので比較的選ぶのは簡単そうですが、それでも大きさや仕様が異なります

特徴を理解していないと「この使い方には向いてないな・・・」というようになって買い替えないといけなくなるかもしれません

しかし、この記事を読めば、それぞれのオトリカンの使い方が確実にわかります!

  • オトリカンの使い方
  • 容量は大きいものが汎用性が高い
  • オトリカンおすすめ比較ランキング

これら3点について鮎釣り歴20年の私が初心者にもわかりやすく、詳しく解説していきます

これからオトリカンを初めて購入しようと思ってる初心者の方や、買い替えを検討している方は是非最後まで読んでみて下さい

オトリカンの使い方

オトりカンは鮎を生きたままキープ、または運ぶためのアイテム

  1. オトリ屋さんで買ったオトリ鮎を川まで運ぶ時
  2. 釣った鮎を生かしたまま、次の釣り場まで車で移動する時
  3. 釣った鮎を引舟からオトりカンに移して川で生かしておく時
  4. 鮎を生かしたまま自宅などに持ち帰る時
  5. 釣った鮎をオトリ屋さんや漁協に買い取ってもらう場合の運搬時

オトリカンの使い方は以上の5つの時に使いますが、ほとんどの人は1~3の時に使っていると思います

私はオトリ屋さんに買い取ってもらう事もあるし、ほとんどは生かして自宅に持って帰っているので4と5の時で使う事も多いですね

自宅に持って帰る理由は別の記事で説明していますので、興味のある方は見てみて下さい

釣った鮎を生かして持って帰る方法と理由

オトリカンに入れる鮎の数は「オトリカンの容量1Lあたりに鮎1匹」が基準

鮎のサイズや、その時の水温によって変わってきますが、基本は「容量1Lあたりに鮎1匹」と考えておけばOK

その基準をもとに以下のように、条件によって入れる鮎の数を調整してやります

  • 水温低いorサイズ小さい・・・たくさん鮎を入れてOK
  • 水温高いorサイズ大きい・・・入れる鮎を少なくする

容量は大きいものが汎用性が高い

理由は鮎を少なく入れる事も、多く入れる事もできるから

オトリカン容量生かして運べる鮎の数
24L1匹~24匹
15L1匹~15匹

容量1Lあたりに鮎1匹を生かしておく事ができると考えると、容量の大きさの違いで、生かしておける鮎の数に差が出てきます

「鮎が30匹釣れたからオトリ屋さんに買い取ってもらおう!」と思って15Lのオトリカンに30匹入れて、オトリ屋さんに着いたら酸欠で半分以上の鮎が死んでた・・・なんて事も容量が大きければ回避できるのです

条件が良くて鮎が30匹釣れる事なんて誰にでもあるので、その時に対応できるように私は容量が大きめのオトリカンを選んでいます

ばくぺこ
ばくぺこ

オトリカンの容量は20L以上あると安心

オトリ缶おすすめ比較ランキング

2024年現在、購入候補となるメインの5つのオトリカンを比較すると

順位第1位第2位第3位第4位第5位
商品名シマノ オトリ缶R
OC-012K
ダイワ 友カン
TS-2400
ダイワ 友カン
TS-1800
ダイワ 友カン
GX-2000
ダイワ 友カン
GX-1500
価格17,200円22,500円18,500円15,900円14,700円
寸法(cm)20×52×31.5約24×47×31約22×44×27約22×44×29約20×40×26
容量(L)2024182015
エアーポンプ取付可能数2個1個1個1個1個
本体側面投入口
上蓋ワンタッチロック

こんな結果になりました

この中で1番のおすすめは「シマノ オトリ缶R OC-012K

私も現在使っているオトリカンで、価格と機能のバランスが良く、買いやすく使いやすいオトりカンです

第1位 シマノ オトリ缶R OC-012K

価格17,200円
寸法(cm)20×52×31.5
容量(L)20
エアーポンプ取付可能数2個
本体側面投入口
上蓋ワンタッチロック

充実した機能の割には価格が安く、どの場面でも活躍できる1番おすすめのオトリカン

理由は

  • エアーポンプが2つ付けれる事
  • 20Lの容量

エアーポンプの電池残量が少なくなってきても2台体制なら酸欠のリスクはかなり低減できるので安心です

スリムなボディながら、20Lの容量があり、鮎を生かして持って帰るのも問題ナシ

ばくぺこ
ばくぺこ

使いやすい容量と酸欠を防ぐためのエアーポンプ2台取付可能な仕様で非常にバランスが良く、弱点が無いオトリカン

エアーチューブも2本付いてます
created by Rinker
¥15,136 (2024/07/16 09:25:47時点 楽天市場調べ-詳細)

2024年新作の「鮎GAME OTORIKAN」は色が違うだけで性能は全く同じなので、色が好みならこっちを買うのもアリです

created by Rinker
¥16,838 (2024/07/16 20:59:17時点 楽天市場調べ-詳細)

第2位 ダイワ 友カンTS-2400

出典:ダイワ
価格22,500円
寸法(cm)約24×47×31
容量(L)24
エアーポンプ取付可能数1個
本体側面投入口
上蓋ワンタッチロック

生かした鮎をたくさん運ぶ事が多い鮎師におすすめのオトリカン

理由は24Lある容量の大きさ

エアーポンプの電池残量にさえ気を付ければ、生きた鮎を1番たくさん持って帰る事ができるオトリカン

車などから電源を取ってエアーを供給できるなら、鮎を生かして持って帰るのに一番適しているんじゃないかと思います

容量が大きい分、水を満タンに入れた時は27kgぐらいの重さなので注意!

ばくぺこ
ばくぺこ

水をたくさん入れて担ぐ時は無理しないように気を付けよう!普段滑らないような所でも25㎏超のオトリカンを担いでいると転倒のリスクが高くなるよ

これは20年ぐらい前のモデルですが、機能は現行モデルとほぼ一緒です
ダイワの7L以下の引舟が収納可能
側面のフタは回して外せます
フタを外すと、ここから鮎を入れる事が可能
ダイワ 友カン TS-2400

第3位 ダイワ 友カンTS-1800

出典:ダイワ
価格18,500円
寸法(cm)約22×44×27
容量(L)18
エアーポンプ取付可能数1個
本体側面投入口
上蓋ワンタッチロック

2位のダイワ友カンTS-2400の容量違い

ダイワで機能が優れているコンパクトなオトリカンが欲しい人におすすめ

ダイワじゃなくてもいいなら、シマノの20Lのオトリカンのほうがいいと思います

理由は

  • ポンプは1つしか付かない
  • 容量はシマノのオトリカンより小さい
  • 価格はシマノのオトリカンより高い

よって、シマノのオトリカンを買った方がメリットが大きい

「18Lの容量に魅力を感じる」&「ダイワのオトリカンがいい!」という人向けのオトリカンです

created by Rinker
¥14,230 (2024/07/16 06:38:08時点 楽天市場調べ-詳細)

第4位 ダイワ 友カン GX-2000

出典:ダイワ
価格15,900円
寸法(cm)約22×44×29
容量(L)20
エアーポンプ取付可能数1個
本体側面投入口
上蓋ワンタッチロック

なるべく安くて容量もあるオトリカンが欲しい人におすすめ

ただ、メインで使うなら同じ容量のシマノのオトリカンの方が性能に優れているので、私なら+1,000円程度出してシマノのオトリカンを買いますね

上蓋がヒンジロックで開け閉めが面倒なんで、「ダイワの20Lのオトリカンがどうしても欲しいんだよ!」or「1円でも安い方オトリカンがいい」って人向けのオトリカンだと思います

created by Rinker
¥12,230 (2024/07/16 06:38:08時点 楽天市場調べ-詳細)

第5位 ダイワ 友カン GX-1500

出典:ダイワ
価格14,700円
寸法(cm)約20×40×26
容量(L)15
エアーポンプ取付可能数1個
本体側面投入口
上蓋ワンタッチロック

ランキングの中で1番コンパクトなオトリカン

「鮎を生かしたまま運ぶのはオトリ屋さんから釣り場まで」という鮎師なら15Lのコンパクトなオトリカンがピッタリ

理由はオトリ屋さんで買う鮎は多くて4匹程度なので、容量が15Lもあれば十分だからです

  • 釣った鮎はその場で締めてクーラーボックスに入れて帰る
  • 車での場所移動はほとんどしない

こんな鮎師ならコンパクトで軽いオトリカンの方がメリットが多いです

created by Rinker
¥11,319 (2024/07/16 20:59:18時点 楽天市場調べ-詳細)

まとめ:オトリカンは「大は小を兼ねる」という考えで選ぶべきアイテム

まとめると容量が20L以上のオトリカン選ぶが断然いいです

  • たくさん鮎を入れても生かしておく事ができる
  • 一部だが引舟が収納できて便利
  • 真夏の高水温期でも鮎を生かしておく事が比較的簡単にできる

容量が小さいオトリカンではできない事ができるので便利なのです

 

特に私のように

  • 鮎を生かして家に持って帰る
  • 鮎を生かしてオトリ屋さんに持って行って買い取ってもらう

という鮎釣り師は20L以上のオトリカンが必須です

幅広い使い方に対応できるように、オトリカンは「大は小を兼ねる」という考えで、容量が20L以上のものを選びましょう!

created by Rinker
¥15,136 (2024/07/16 09:25:47時点 楽天市場調べ-詳細)
ダイワ 友カン TS-2400

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA