【鮎のイカリ鈎自作の強い味方】 最高すぎるおすすめ鈎巻き器 イカリマイター

【鮎のイカリ鈎自作の強い味方】 最高すぎるおすすめ鈎巻き器 イカリマイター

鮎の友釣りでのメインの掛け鈎であるイカリ鈎

このイカリ鈎の自作って手間がかかりますよね?

  • もっと楽に作りたい
  • もっと速く作りたい
  • 鈎巻き器を使ってみたいけど高いし・・・

こんな風にみなさん思っていませんか?

 

イカリ鈎は交換頻度が高いので何組も作る必要がありますが、シーズン中はハナカン周りなどの他の仕掛けを作ったりと、なかなか鈎巻きにかける時間を確保しづらいもの

その結果、鈎交換をケチって鈎先が鈍ったままのイカリ鈎を使い続けて、掛かっていたはずの鮎をバラシたりしているかもしれません

ばくぺこ
ばくぺこ

鮎釣りは鈎先が鋭い鈎を使わないと掛からないし、掛かってもバラシが多くなるよ!

私はイカリ鈎を20数年間毎シーズン巻いてきていますが、その間フリーハンドでも沢山巻いて、鈎巻き器を使っても巻いてきました

その中で現時点で一番使い勝手が良いと断言できるのが、タックルインジャパンから販売されている鈎巻き器

イカリマイター

イカリ巻きをサポートする商品です

created by Rinker
¥1,964 (2024/06/18 18:27:17時点 楽天市場調べ-詳細)

イカリマイターは以下の点が魅力の鈎巻き器です

  • 強力磁石で鈎を固定し、作業がしやすい
  • 根巻糸の端を巻き付けて固定出来るので糸巻きがラク
  • 右利き左利きのどちらにも対応
  • 安い

フリーハンドで鈎巻きする時の難点をしっかりサポートし、鈎巻きに慣れていない方でも「イカリマイター」を使えば簡単に鈎巻きする事が出来ます

今記事はイカリマイターのオススメポイントを詳しく解説していきますので、楽にイカリ鈎を自作したい人は、是非最後まで読んでみて下さい

結論:イカリマイターはイカリ鈎を楽に作成できるアイテム

先に結論ですが、もうコレ無しではイカリ鈎を巻きたくないです

巻くのが超面倒な小鈎でも、かなり楽に巻く事ができるので重宝しています

イカリ鈎を自作する全ての人におすすめできる鈎巻き器なので、是非使ってみて頂きたいです

イカリマイターのおすすめポイント4点

強力な磁石とアジャスターで鈎をがっちり固定出来て糸巻きがしやすい

銀色の部分がネオジム磁石です

イカリマイターは強力なネオジム磁石とアジャスターを搭載しているため、バラけやすい鈎をしっかりと固定出来ます

フリーハンドで巻く時のように指で掴んでおく必要がないので非常にラク、そのおかげで根巻糸を巻く作業が非常にしやすいですね

アジャスターは5種類あり、数字が記載されていて以下の表の様に使い分けます

記載数字対応する鈎軸の太さ
-26.5号(超細軸)
-17号(細軸)
07.5号(中軸)
+18号(太軸)
+28.5号以上(超太軸)

交換も簡単にできるのでストレスフリーです

 

根巻糸の端を固定できる「糸止めアーム」が便利

イカリ鈎の根巻糸を巻く際に、根巻糸の端部分は指で押さえて固定するんですが、結構これが面倒くさい

その点イカリマイターは根巻糸の端部分を固定するための

糸止めアーム

があるのでそれに糸の端を巻き付けておけば簡単に固定できます

それのおかげで糸の端を気にすることなく根巻糸を巻くことに集中出来ます

根巻糸の端をこの様に巻き付けて固定出来ます
アーム先端部のシリコンチューブが巻いた糸の滑りを抑えて固定します

糸止めアームが左右付け替え可能で、右利き左利きの両方に対応

右利き、左利きの両方に対応出来るように、糸止めアームが左右付け替え可能となっています

非常にありがたい仕様ですね

価格が安い

税込み価格2,200円で、他の鈎巻き器と比べて圧倒的に安価

非常に試しやすいです

アジャスターを無くした場合でも、別売りで用意されているので安心です

イカリマイターの使い方

これは発売元の(有)ヤマワ産業のYouTubeチャンネルで使い方が公開されていますので、そちらをご覧ください

使い方はとても簡単だと思います

パッケージにも使用方法が記載されていますが動画を見た方が分かりやすいです

イカリマイターのアジャスターは鈎の軸の太さに合わせて交換する

イカリマイターのアジャスターの選択方法は

鈎の軸の太さがアジャスターに合っているかどうか

それだけです

アジャスターに対して目安の鈎の号数はありますが、鈎の軸の太さに合わせるタイプのアジャスターなので、軸の太さがアジャスターに合っていれば問題なく使えます

3本イカリと4本イカリで使うアジャスターが変わらないのも良い点

シンプルな作りですがとても良く考えて作られているのが使っていて分かりますね

先端部分のネジを緩めれば巻きやすい角度に調整できたり・・・
握る部分には3本イカリと4本イカリの角度を調整するためのスリットが付いていたり・・・

細かい所への配慮が凄いと思います

オーナーの鈎巻き器と比べると使い勝手もコストも良い

昔からある「オーナーの鈎巻き器」と比べると、イカリマイターの方が使い勝手もコスト的にも良いと感じました

オーナーから発売されている鈎巻き器はコレ

3本鈎、4本鈎両方巻けるフルセットで17,000円~20,000円くらいします

かなり高額商品

過去に使っていたんですが、使い勝手が悪くて使わなくなり、手放してしまいました

使って感じたデメリットは以下の通り

  • 3本鈎と4本鈎それぞれ用にアタッチメントがあり、さらに鈎の号数別にも種類があり、作る際に付け替えないといけない事
  • 鈎の軸の太さや大きさに合わせた微調整が面倒

鈎巻きをするまでの調整に手間がかかるので、それが難点

調整さえしてしまえば後は比較的簡単なんですけどね・・・

まとめ:イカリマイターを使って快適かつ速くイカリ鈎を自作しよう!

イカリ鈎の自作が多い方は是非使って欲しいアイテム

イカリ鈎の自作を何十年とやっている相当な熟練者でない限り、使った方が簡単にイカリ鈎を自作できます

特にがまかつの「MシステムEXマイクロ」のような超小鈎なんかは、フリーハンドで自作しようと思うと結構難易度高めだと思いますが、イカリマイターを使うと比較的楽に作成出来るので非常に助かっています

ばくぺこ
ばくぺこ

超小鈎の鈎巻きにはイカリマイターは絶対必要!

みなさんもイカリマイターを使って、お気に入りのイカリ鈎を楽に自作してみませんか?

created by Rinker
¥1,964 (2024/06/18 18:27:17時点 楽天市場調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA