2023年鮎釣り4日目(6/21) 鳥取県日野川

こんにちは

ばくぺこです

 

早いかどうか分かりませんが、今年4日目の鮎釣りに行ってきました

行った場所はいつもの鳥取県日野川

ではいってみましょう

 

かなりの強風、オトリ屋さんに「今日は止めとけ」と言われたが・・・

天気は曇~雨予報でしたが

ばくぺこ
ばくぺこ

雷が鳴らなければ、とりあえず竿出せるわい!

といった感じで朝6時過ぎに家を出発しました

 

小一時間ほど車を走らせて日野川沿いの土手を走っていると

けっこう風が強い

あれ?こんなに風が強い予報だったっけ?

と思いましたが、とりあえずオトリ屋さんに到着

まず言われたのが

「今日は風が強くて釣りにならんでー止めときやー」 

でした

うん、確かに

でも、せっかく来たんだしとりあえず竿出してみよう

という事でオトリを購入して川へ突撃しました

 

風が強く、瀬の釣りしか出来なさそうなので伯耆町役場の上流へ

いつもの伯耆町役場の少し上流へ行きました

オトリ屋さんで一緒になった方達が伯耆橋下流に行くと言ってたのもあって

最初はこの場所を選択

開始したのは9時ぐらいですね

さすがに強風下では泳がせ釣りは、ほぼ不可能だと思ったので

引き釣りが有効な瀬で釣りを始めました

ばくぺこ
ばくぺこ

引き釣りも簡単ではないけど、泳がせ釣りと比べたらなんとかなる!

メインの瀬で釣っていると

掛かる事は掛かるんですが

やはり以前と同じで型が小さいやつが多い

こりゃイカンという事で、場所移動を決断しました

 

移動先はいつもの伯耆橋下流へ

やって来ました、いつもの場所です

やはり今の所伯耆橋下流が良いような感じだったので

こちらで釣りを開始

こちらで開始したのは10時30分ぐらいからでした

オトリ屋さんでお会いした方達は既に止めておられましたね

 

最初は真ん中の筋の少し緩い流れを攻めてみます

天気も悪いせいか活性は低そう

ばくぺこ
ばくぺこ

今日もなかなか厳しいですわー

でも、とりあえず掛かる事は掛かる

一通り真ん中の筋をやってから、右岸の筋へ移動

こちらでもポツポツ掛けていく事が出来ました

そしてやっぱり伯耆橋下流の方が型が良かったです

20cmぐらいのキレイな鮎が掛かります

しかし竿の操作が強風のためキツ過ぎる

もう修行と言った感じでしたね

この日は用事があったので14時で終了

 

この日の釣果 27匹

強風に悩まされながらもポロポロ拾って釣り歩いて

結果27匹でした

強風下の中で、仕掛けの張りが上手くコントロール出来ない中での釣果なので

割と反応としては良かった方だと思います

というより、他に竿出している人がいなかったので

全ての場所が叩かれてないので当然なのかもしれませんが・・・

ばくぺこ
ばくぺこ

まぁ結果釣れたからヨシ!

 

使用タックル・・・強風下では短く、細身の竿しか勝たん

ではこの日使ったタックルです

  • 竿  がまかつ がま鮎ダンシングスペシャル H85
  • 天糸 サンライン フロロマーカー天糸 0.6号
  • 水中糸 ホクエツ Meta beat 0.04号
  • 下ツケ糸 サンライン 鮎水中糸フロロ 0.3号 25cm
  • 鼻かんハリス サンライン ハナカンハリスフロロ 0.8号 25cm
  • 鼻かん オーナー プロフックハナカン Sサイズ(6.8mm)
  • サカサ がまかつ 競技皮打サカサ 管式ハリス止 1号
  • 掛け鈎 がまかつ MシステムEX4本錨用 6.5号4本イカリ

この日使った竿は

がま鮎 ダンシングスペシャルH85

でした

ダンシングマスターMH85の方が風切り能力は良いと思うんですが

この日はかなりの強風だったので

新しく買った竿が折れたら嫌だったので

ダンシングスペシャルH85を選択しました

 

この日は時折かなりの強風が吹いていたので

8.5Mの細身の竿でも、相当キツい時もありましたが

それでもなんとか引き釣りでポロポロ掛ける事が出来ました

この日は9Mの竿だったら絶対釣りは出来ませんでしたね

 

釣行4日目を振り返って

この日は

風に強い竿を持っているかどうかで釣果が左右される状況でした

というより、風に強い竿じゃないと釣りそのものが出来なかったです

 

強風対策の短い竿は1本持っておくと非常に役に立ちます

今回みたいなかなりの強風下なら

8.5mよりも7.5mの竿の方が良い釣果が出せたかもしれません

ダンシングマスターは7.5mの長さもあるので

強風対策に持っていても良いかなと思いましたね

あとは強風下では竿を立てての泳がせ釣りが

風の抵抗でほぼ不可能に近いので

ベタ竿の引き釣りが有効な瀬の釣り場を選ぶのもポイントですかね

竿を寝かせてやれば風の抵抗を結構軽減出来るので

ある程度仕掛けの張りをコントロールする事が可能です

 

今回はなんとか釣りになりましたが

強風下の釣りは疲れますね~

ばくぺこ
ばくぺこ

背筋と腕がパンパンで翌日は筋肉痛!

できればこういう状況下では釣りをしたくないですが

休暇の少ないサラリーマンはそんな事言ってられないので

色んな状況に対応できるよう準備して

なんとか鮎釣りを楽しめる様にしていってるつもりです

 

 

では以上で今回の話題は終了!

また次回お会いしましょう

またね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA