【鮎の友釣り 初心者必見】 タイツの種類と特徴を徹底解説 失敗しない選び方

こんにちは

ばくぺこです

 

本格的に鮎釣りを始ようとしている初心者のみなさん

タイツってどれ買おうとしてますか?

  • ウェットタイツがいいの?
  • ドライタイツって?
  • 生地厚はどれ選べばいいの?

ってな感じでどれを選んでいいのか分からんって人多いと思います

 

それぞれの特徴が分からないまま買ってしまうと

同じような状況でしか使えない物を重複して買ってしまったり

使える状況が全然なかったりして

自分の釣りスタイルにマッチせずに

無駄な買い物をする事になってしまったりする可能性があります

 

そこで、鮎釣り歴20数年の中で使ってきた経験から

それぞれのタイツの特徴やメリット、デメリットと

最初の1本にどれを買ったら良いのか?

を解説していくので参考にしていただければと思います

 

まず最初に買う1本目ですが

3mmのウェットタイツ

これが一番長い期間使えて安全性が高いので

最初の1本としてオススメです

 

これを買った後に

個人の好みで多少選ぶタイツは異なると

思いますが

2mm厚のドライタイツで

水温の低い時期を快適にし

1.0mm厚か1.5mm厚のウェットタイツで

真夏のクソ暑い時期を快適にする

というのが私がオススメするタイツの使い分けです

 

それでは各タイツの特徴、メリット、デメリットについて解説していきます

 

ウェットタイツ&ドライタイツ それぞれの特徴

ウェットタイツとドライタイツの大きな違いは防水性

ウェットタイツは防水性なし

ドライタイツは防水性あり

です

それによりそれぞれ以下の様なメリット&デメリットがあります

ウェットタイツ

ウェットタイツはほとんどダブルファスナー仕様で着脱が楽ちん
こんな感じで足首までしか無いので水が入ってきます

メリット

真夏でも涼しい

水が入ってくるから当然涼しい

 

腰ぐらいまで立ち込む時に安定感がある

水が入ってくるため浮かされる感覚が少なく、しっかり踏ん張れる

 

川で転んで流された時も足が浮かないので泳ぐ事が出来るので安全性が高い

ウェーダーなどは川でコケて流されると空気が入っている足が浮いて

顔が沈むような形になり、かなり危険

その点ウェットタイツは足が浮かないので

まだ泳ぐ事ができて安全性が高い

ばくぺこ
ばくぺこ

とはいえ流されたらパニックになるので

流されないように注意して釣りをする事が重要

 

ドライタイツと比べて安い

足首から下の部分が無い分安い

でも最近値上がりしてウェットタイツも高くなってきたなー

 

トイレ(小)がしやすい

大体の鮎釣り用のウェットタイツはダブルファスナーなので

下からファスナーを開けてサッと用をたすことが出来ます

鮎ベルトも外す必要がないので楽ちん

 

生地厚のバリエーションが豊富で好みや用途別に選べる

1.0mm~3.0mmと生地厚の種類が豊富なので

好みに合わせて選べる

生地厚の違いによる差は基本的に以下のような感じになる

生地厚動きやすさ保温性価格
薄い動きやすい低い安い
厚い動きにくい高い高い

 

デメリット

初期、後期の水温が低い時期は寒い

水が入ってくるので水温の低い時期に使うと当然寒い

 

体が冷える事により体調不良になりやすくなる

腰痛持ちは腰痛が酷くなったり

ギックリ腰やったり

風邪ひいたり

と体が冷えると色々と起きやすくなるので注意

 

カイカイ病が発症しやすい(というより発症しない人いるのかな?)

ウェットタイツ着用時に発生する

例の症状

なんなんでしょうねアレ

腰~ふくらはぎ部分に起きる湿疹が痒過ぎてツライ

(私は勝手にカイカイ病と命名してる)

これが結構厄介で釣行後何日か悩まされる

これがイヤなため、シーズン中はずっとドライタイツを履いている人もいる

 

ドライタイツ

私が今所持しているものは古いので

前面にファスナーが付いていませんが

最近のは大体前面にファスナーが付いています

足首~つま先部分まであって完全防水

メリット

水が入ってこないので保温性が高い

当たり前ですが水が入ってきません

そのため温かいので初期や後期の水温の低い時期に活躍します

当たり前ですがコケたり、タイツの丈より上まで水が来ると入ります

 

カイカイ病になりにくい

人によりますがカイカイ病になりにくいです

私はドライタイツを使うと全くカイカイ病になりません

結構暑い時期は蒸れが酷くなりますが

それでも大丈夫です

 

意外と長い期間使用出来る(2mm厚の場合)

現在各メーカーから出ている物は生地厚3mmのものが主流ですが

2mm厚のものが汎用性が高いと思っています

なぜなら下に履くアンダーウェアで温かさを調整出来るからです

  • 寒い時は保温性が高いアンダーウェアを履いてからドライタイツを履く
  • 暑い時は保温性が低い、または保温性が無いアンダーウェアを履いてからドライタイツを履く

このようにすれば長い期間着用出来ます

3mm厚のものは寒い時期は快適ですが、暑い時期がキツイ

という事で2mm厚のドライタイツを愛用してます

 

 

デメリット

安全性がウェットタイツより劣る

完全防水がゆえにタイツ内に多少空気が残ります

なのでコケて流されたりすると、足が浮きやすく泳ぐのが困難になります

まぁウェーダー程ではないですがウェットタイツには劣るので注意が必要

 

タイツ内に空気が入っている分

腰より上ぐらいまで立ち込んだ時に浮かされる感じがあり

踏ん張りが効きにくいの点も注意が必要

ばくぺこ
ばくぺこ

ウェットタイツと同じような感覚で流れの中に立ち込むと危険なので

慎重に確認しながら立ち込むようにしよう!

 

真夏は暑いし蒸れて不快になる

私は2mm厚のドライタイツを持ってますが

真夏のクソ暑い日には着用しません

大体、最高気温が30度を超えてきだしたらドライタイツは使いません

 

私の知っている人でオールシーズンドライタイツを使う強者は

「暑くなったら腰ぐらいまで川に浸かれば涼しいから大丈夫」

と言っていますが、私には暑くて無理でした

 

値段が高い

ウェットタイツに比べて汎用性が低いので

需要も少ないし

足首から下の部分があるせいか値段が高め

そのため持ってないという人もいる

 

生地厚バリエーションが少なく、メーカーによって欲しい生地厚が無かったりする

主要メーカーの物は生地厚は2mm、3mm、3.5mmで

2mmは「サンライン」のオーダータイツのみ

選択肢が限られています

生地厚1.0mmとかでドライタイツ作ってくれんかな・・・

真夏に着用できて涼しくて快適!カイカイ病にもならない!

最高だと思うんですけど

 

トイレ(小)が結構面倒くせぇ

トイレ(小)をするのはウェットタイツと比べて、マジで面倒くさいです

それぞれのタイツでの工程を比較してみます

 

ウェットタイツ

  1. タイツのファスナーを開く
  2. 用をたす
  3. タイツのファスナーを閉める

 

ドライタイツ

  1. 鮎タモと鮎ベルトを外して置く場所を探す
  2. 鮎タモを外して置く
  3. 鮎ベルトを外して置く
  4. タイツをずり下す
  5. 用をたす
  6. タイツを引き上げる
  7. 鮎ベルトを付ける
  8. 鮎タモを付ける

 

ドライタイツの

トイレ(小)をする工程の内

鮎タモと鮎ベルトを外す作業が

マジで面倒くさい

置く場所を見つけて

そこまで移動する手間も面倒くさいし

鮎タモを鮎ベルトを外す作業も面倒くさい

 

ドライタイツを着用する時は

利尿作用があるお茶やコーヒーを

なるべく控えるようにしています

 

安全性と汎用性の高さが決め手 初心者は最初に3mmのウェットタイツを買うべし

初心者に最初にオススメするのは

3mmのウェットタイツ

ばくぺこ
ばくぺこ

ウェットタイツによる安全性の高さ

初期から後期まで着用できる使用期間の長さが決めて

まぁ初期と後期の水温の低い時期は寒いことは寒いんですが

まだなんとかなる感じ

ウェットタイツで川歩きや立ち込み方を覚えてもらって

なんとなく分かるようになってから

ドライタイツを履けば

より安全に川に立ち込めるんじゃないかと思います

 

参考:ドライタイツ&ウェットタイツの生地厚別解説

参考として

生地厚別に私の考え方を

載せときますので選ぶ際の

参考になれば幸いです

ドライタイツ

生地厚2mm

カイカイ病になるのを避けたいので

長い期間使えるドライタイツが良いって人に向く

ある程度高い気温でもなんとかなるので

汎用性高めの生地厚だと思う

ただし、作っているメーカーが「サンライン」のみで

オーダータイツ限定という仕様

 

生地厚3mm

寒い時しか履かないって人向け

真夏は耐えられる気がしない

 

生地厚3.5mm

保温性が高いので

10月以降も鮎釣りやるって人か

3月の渓流でも使いたいって人に

良いんじゃないかな

 

ウェットタイツ

生地厚1.0mm

真夏のクソ暑い時期を何とか快適にしたい人にオススメ

暑がりな人に良さそう

 

生地厚1.5mm

真夏のクソ暑い時期を快適にしつつ

ある程度長い期間使えるタイツが欲しい人に向く

私はこの厚さを愛用中

 

生地厚2mm

初期と後期の水温の低い時期は辛そう

生地が薄い分動きやすさは快適で

真夏も使えるけど

中途半端な感じがするのでオススメ出来ない

 

生地厚2.5mm

最近この厚さがメインになりつつあるような気がする

シーズン通して気温が高めになっているので

今後はこの厚さのタイツが主流になるかも

シマノはこの生地厚のウェットタイツが多い

保温性と動きやすさのバランスは良いと思う

 

生地厚3.0mm

初期から後期まで使えるので

タイツは1本で何とかしたい人向け

生地厚が厚いのでコケた時の

ダメージも軽減してくれる

 

最近出てきたショートタイツってどうよ?

最近は太ももの辺までの長さの

ショートタイツも出てきていますが

安全面を考慮すると、あまりオススメできません

 

ラッシュガードなんかを履いた上に

ショートタイツを履いて使うんですが

ラッシュガードだけではコケて石で足を打った場合

ダメージが結構デカイので、ちょっと使うのは怖い

 

でも真夏は快適なので

川歩きを良く分かっている

ベテランの方なら選択肢として

アリかもしれません

 

まとめ:3mm厚のウェットタイツを基準に2本目のタイツを選ぼう

初心者の方は

最初に買うべき3mm厚のウェットタイツを

使ってみた上で 

3mm厚のウェットタイツでは

ちょっと不快だなぁ・・・

という場面をカバーできるタイツを

次の1本に選びましょう

 

人それぞれ我慢できない部分や

重視する機能の部分は

異なるので

この記事のウェットタイツとドライタイツの

各生地厚の特性を見て

選べば良いと思います

 

周りに鮎釣りをしている人がいれば

その人が使っているタイツを聞いて

そのタイツを選んでいる理由を

聞いて参考にするのも良いですね

 

 

では以上で今回の話題は終了!

また次回お会いしましょう

またね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA