【磯釣りオススメのアウターウェア】 モンベル ストームクルーザー ジャケット&パンツ

こんにちは

ばくぺこです

 

今回は磯釣りで使うアウターウェアのオススメについてです

私はミドラー同様アウターでもモンベル製品を愛用しています

釣り具メーカーの物も色々使ってきましたが

現在はモンベル製品の方が良いんじゃないか?

と思っていますので、その理由についても解説していきたいと思います

 

ばくぺこ
ばくぺこ

最近は釣り具屋さんでもモンベル製品の取り扱いが増えてきてるので

釣具店でも買えます

 

まずはアウターの役割についてです

そんなんわかっとるわ!

という方は読み飛ばしてちゃってOKです

 

アウターウェアの役割

私が思う磯釣りにおいてのアウターウェアの役割は

雨や波しぶきから濡れないようにする防水性と

風の影響を少なくする防風性です

濡れないようにして、風もあんまり通さない

って機能を求めています

「あれ、保温性と透湿性は必要ねーの?」と思った方いると思います

正直、保温性と透湿性は大して求めてないです

 

理由としては

  • 保温性はミドラーで調整するのでアウターには不要
  • 透湿性が高くても結局蒸れる

という考えだからです

保温性に優れた中綿入りアウターもあり、真冬のかなり厳しい寒さの中では良いと思います

しかし、そんなに厳しい寒さではない時は暑くなりすぎて使いづらいので

結局使える場面が限られてくるので使いづらいと感じます

 

その点、中綿無しのアウターは防水性と防風性だけなので

気温が高い時は薄手のインナーと薄手のミドラーを組み合わせて

現場で暑ければミドラーを脱ぐ、寒ければそのままミドラーを着る

気温が低めなら保温性が高めのインナーとミドラーを組み合わせて

現場でミドラーを着たり脱いだりして1日の中の気温変化に対応するといった感じになります

 

モンベル ストームクルーザー ジャケット&パンツ 使用感

比較的気温が高い時期の釣りで着用

3レイヤーで裏地は無し

 

オススメポイント

生地が薄く、軽いので体の負担が少ない

コンパクトでかさばらない

価格が以外と安い

ジャケットとパンツが別々に購入出来る

ストームクルーザーは何と言っても生地が薄くて軽い

そのため携帯性に優れるのでタックルバッグやロッドケースに入れれるので便利です

 

ゴアテックスなので防水性は文句なしの性能で透湿性能も高いです

ゴアテックスなのに意外と値段が安いのも良きです

ジャケット・・・25,300円(税込)

パンツ・・・16,500円(税込)

これは大手アウトドアブランドのため生産枚数が多いからなのかなと推測します

ばくぺこ
ばくぺこ

生産枚数でいったら圧倒的に少ない釣り具メーカーの物はどうしても値段が高くなりがち

 

モンベル製品はジャケットとパンツが別々に買えるのが良いですね

ジャケットはLサイズが良いけど、パンツはMサイズが良いという人にはありがたいです

釣り具メーカーの物は上下セットになっている物が多いので、こういう人には不便です

 

ネックポイント

生地が薄いので強度的には低い部類のウェアなので使い方に若干注意が必要

生地が薄いので気温が低い時期は寒い

 

磯はゴツゴツした岩場が多いので生地の薄いウェアは多少注意が必要ですが

実際使ってみて特に生地が薄いから破れるって事は今の所無いです

ばくぺこ
ばくぺこ

まぁ岩場でコケたりしない限り破れるって事はないかな・・・

 

気温が低い時はやはり生地が薄い分、寒さを感じる事はありますね

ミドラーで温かさは調整が出来るので、寒さに強い方は1年中これでもいいかもしれません

 

釣り具メーカーの物は意外と高く、上下セットでの販売が多い

釣り具メーカーの物も色々使ってきましたが

使ってきて思ったデメリットがあります

 

デメリット

圧倒的に上下セットでの販売が多いので上下別々のサイズが買えない

結構価格が高い

デザイン的に街中で着るのに抵抗があるものが多い

 

上下セットでの販売が多いのでジャケットLサイズ、パンツMサイズというような買い方が出来ないので

私的にはイヤでしたね

私はジャケットはLサイズ、パンツはMサイズがジャストだったのですが

上下セットでの販売しかなかったのでLサイズを買っていました

なのでパンツは緩くて快適という状態ではなかったですね

 

価格は以外と高いです

まぁ釣り具メーカーのアパレルなんて生産数が少ないですから

価格が高くなるのは当然

 

個人差はありますが釣り具メーカーの物は

デザイン的には街中で着るには私は抵抗がありますね

結構派手めなデザインが多い気がします

その点モンベル製品なんかはデザインが比較的シンプルなので

街中でも着やすいと思ってます

ばくぺこ
ばくぺこ

最近は釣り具メーカーの物もデザイン的には改善されつつあると思うけどね

 

まとめ:モンベルのアウターウェアは種類も多く目的別に選びやすい

モンベルのアウターウェアは

  • 生地の厚さや性能
  • 中綿の有り無し
  • 価格帯
  • サイズ
  • カラー

などなど種類が豊富で目的別に選びやすくなっていると思っています

その点は釣り具メーカーよりも有利な点でしょう

自分が重視する機能を持ったウェアを見つける事が出来ると思います

 

 

では以上で今回の話題は終了!

また次回お会いしましょう

またね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA