【秋~冬の磯釣り必需品】オススメのミドラーと使い分け方を解説

こんにちは

ばくぺこです

 

さて秋になって磯で着る服も

保温性が高い物を着るようになって来たかと思います

その中でアンダーウェアとアウターウェアの間に着る

ミドラーはその時の気温などによって脱いだり着たりして

保温性を調整する役割を担っており

快適な釣りをするにあたって重要な役割を果たします

ミドラーにも

  • 保温性が高い、低い
  • 携帯性が良い、悪い
  • 伸縮性が良い、悪い

など色んな種類のものがあり

それぞれの特徴を把握したうえで使い分けて

快適な状態を保つ事が出来ます

その時の環境に合った物を着ないと

暑すぎたり、寒すぎたりして不快になるので注意しましょう

 

この記事ではミドラーの役割の解説と

現在自分が使っている4種類のミドラーのメリット、デメリットを

解説していきますので

これからの秋~春までの磯釣りシーズンで使うミドラーを

買おうとしている人の参考になれば幸いです

 

ミドラーの役割について

ミドラーの役割ですが

風と雨を防ぐアウターと

肌に直接当たり、汗をかいても汗冷えしにくい機能をもつインナーの間に着る中間着で

保温性の調整を担っています

 

外気温によってミドラーの保温性が低めのものから高めの物を使い分けます

私が磯釣りで使うミドラーだと

  • 10月~12月:保温性の低い薄手のフリース or 保温性の高い厚手のフリース
  • 1月~2月:薄手のダウン
  • 3月~4月:保温性の低い薄手のフリース or 保温性の高い厚手のフリース

こんな感じで使い分けています

実際は天気予報で気温を確認して、それに合わせて決めていくようになります

磯に上がってからの気温の変化に対してはミドラーを脱いだり着たりして調整をするような感じですね

ばくぺこ
ばくぺこ

アウターにベンチレーション機能があれば、それで調整してもOK

 

オススメその1 モンベル トレールアクション ジャケット

皆さんご存じのアウトドアブランドであるモンベルの製品の

トレールアクション ジャケット

ジャケットのほかにフードが付いたパーカーもあります

 

オススメポイント

薄手のフリース生地でソコソコの保温性のため暑くなり過ぎない

ストレッチ性の生地で動きやすい

生地表面が滑らかで滑りが良いので重ね着しやすい

寒い時の寝間着としても優秀

価格がリーズナブル

街中でもフツーに着れるデザイン

表面生地は滑らかです
裏地はちょっと起毛したフリース
内側の両サイドには物が入れれる様にポケット状になってます

 

トレールアクションジャケットは弱点らしいものは見当たりませんね・・・

あえて言うなら保温性が低めなので厳寒期にミドラーをこれ1枚でカバーする事がキビシイというぐらいです

 

機能良し、デザイン良し、価格良しと

非の打ちどころが無い優秀アイテムだと思います

使える時期が長く、使えるシーンが多いのも魅力で

ヘビロテアイテムになる事間違いナシです

ばくぺこ
ばくぺこ

私は普段着、寝間着、磯釣り、スノーボードで使ってるよ!

 

オススメその2 モンベル クリマエア ジャケット

オススメその2もモンベル製品です

クリマエア ジャケット

こちらは毛足が長いフリースらしいフリースです

 

オススメポイント

軽い

通気性が良く蒸れにくい

アウターと組み合わせると保温性が高い

街中でもフツーに着れるデザインで使える場面が多い

価格がリーズナブル

部分的にストレッチ素材を使っているので動きやすい

脇~裾までのストレッチ素材で腕を動かした時のツッパリ感を軽減
袖部分は親指を入れるサムホールがあり、手の甲部分の寒さを軽減
内側の両サイドには物が入れれる様にポケット状になってます

 

ネックポイント

毛足の長いフリースのため、かさばるので携帯性がイマイチ

結構ボリュームがあります

 

通気性抜群のフリース素材の為、アウターを着ていて暑くなっても

アウターの前面のファスナーを全開にすれば、すぐに熱気を放出出来ます

通気性が良すぎるのでアウター無しだとスースーして寒いので

基本アウトドアで使用する時はアウターと組み合わせる事が前提だと感じます

ばくぺこ
ばくぺこ

家の中ではクリマエアジャケットは超快適なので、冬場の着用頻度はメッチャ高い

 

軽いので体への負担が少ないのも良い所です

これも街中で着れるので使える場面は多いですね

 

唯一の弱点は携帯性が悪い所

毛足が長くボリュームがあるフリースなので、これは仕方のない所です

 

オススメその3 アンファッジ UN2100

オススメその3はアンファッジの高機能フード付きフリース

UN2100

created by Rinker
¥25,931 (2024/02/29 19:48:06時点 楽天市場調べ-詳細)

アンファッジはアウトドアブランドだと思っていますが

デザインしているのがスノーボーダーの方なので、スノーボード寄りの性能が強いブランド

しかし、機能的に優れているのでスノーボードに限らず普段着、磯釣り、寝間着、スポーツ時と

着る事の出来る汎用性の高いミドラーです

私が所持しているのはフード付きのUN2100というモデルですが

フード無しのUN2000というモデルもあります

created by Rinker
¥25,047 (2024/02/29 19:48:06時点 楽天市場調べ-詳細)

 

オススメポイント

デザインがシンプルで街中でも着れるし、スポーツ時も快適

通気性が良く暑くなりすぎるのを防いでくれる

ストレッチ機能が優秀で動きやすい

フードもストレッチ機能が優秀なので色々な使い方が出来る

寝間着としても優秀

 

ネックポイント

価格が高い

取扱店舗が少ないので住んでいる場所によっては実物を見るのが大変

 

このUN2100に使われている

ポーラテック社のパワーグリッドという生地ですが

これが優秀で、優れたストレッチ機能と通気性と少しの保温性を兼ね備えています

デコボコした裏地の形状がべたつきを軽減してくれる

通常のフリースでは暑いと感じる状況でも快適に着る事が出来ます

そのためインナーウェアを変える事により、長い期間着る事が可能です

 

フード部分のストレッチ機能とフィット感が優れているので

スノーボードではバラクラバみたいな使い方をしたり

寒い時期の磯釣りではキャップの上から被って寒さ対策をしたり出来ます

フードをかぶるとバラクラバみたいな感じ
キャップを被った上からでもフードを被れる

フードのストレッチ機能が高いので首を左右に旋回させても

あまり突っ張る事が無く思ったより快適なのが使ってみてスゴイと思いましたね

モンベル製品みたいな内側のポケットは無し

 

ネックは値段が高い事

2万越えの高級ミドラーです

加えて取扱店舗がが少なく実物を見る機会が限られる所が

購入のハードルを上げている印象です

機能性は非常に高く、着用頻度が高いので私は2枚持っています

ばくぺこ
ばくぺこ

通気性と保温性のバランスが良く

長い期間使える便利なフリース

 

オススメその4 モンベル スペリオダウン ジャケット

オススメその4は今まで紹介したフリース素材の物ではなくダウン素材の

スペリオダウンジャケット

またまたモンベルの製品となります

ダウンで保温性が高いので、コイツの出番は結構寒い時だけですね

 

オススメポイント

たたむとコンパクトになり携帯性に優れる

ダウンなので保温性は高く、行動量の少ない寒い時期に快適

生地表面がツルツルなので重ね着しやすい

とっても軽い

寒い日のお出掛け時にも使える

モンベル製品は大体内側のポケットがありますね
付属の袋に入れるとこれぐらいコンパクトになります

 

ネックポイント

通気性が悪いので環境によっては暑くなりすぎる

 

ダウン素材の為保温性は抜群です

加えてとても軽量で携帯性に優れているのも特徴です

かなり寒い時期には大活躍のミドラー

ばくぺこ
ばくぺこ

保温性が高いので秋口からの夜釣りでも

使うのもオススメ

 

しかし通気性が悪いので使えるシーンが限られるのがネック

フリースは通気性が良いのでインナーウェアを変えて秋口~春先まで着れますが

ダウンはミドラーとしては冬専用といった感じです

保温性ではフリースより優秀だと思いますが、汎用性ではフリースに負けますね

 

まとめ:ミドラーの機能性を理解して使用する事が重要

オススメのミドラーを4種類紹介しましたが

目的のシーンに合わせてアイテムを選ぶ事が重要です

 

いくら高機能だといっても、その機能性を十分理解した上で使わないと

状況がコロコロ変わる磯の上で快適に過ごす事は出来ません

 

今は各ブランドのホームページで各製品の特長を分かりやすく説明しているので

それを参考にして、「自分が使おうとしているシーンに適しているか?」を

考えてからアイテムを買う様に心がけましょう

 

 

では以上で今回の話題は終了!

また次回お会いしましょう

またね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA